会社概要

『あなたが気づいていない魅力を輝かせ、可能性を引き出すサポートをしたい!』

おかやまアナウンス・ラボ 代表 森田恵子

「コーチング」や「ビジネス・セミナー」の要素を取り入れた、画期的なアナウンス教室。

●「おかやまアナウンス・ラボ」は、独特なレッスン内容と指導法で、プロを目指す人はもちろん、さまざまな職業や目的を持つ人に支持されているそうですね。いったい、どのようなレッスンを行う教室なんでしょうか?

森田:当スクールの講師陣は、放送局出身のアナウンサーです。正しい日本語の発音やアクセントなど、アナウンスの基礎を完璧に指導します。ニュース原稿をはじめ、原稿読みの技術も抜群です。そして、何よりも「生放送」に携わっているので、一定の時間内にポイントを絞って大切なメッセージを伝える能力や、アドリブ能力が高いのが特長だと思いますよ。
 そして、私たちが最も大切にしていることは、その人の魅力や可能性を最大限に引き出し、自分から変わろうとするチカラや、成長するチカラをサポートすること。誰にでも、魅力があります! でも、その魅力に気づいていない人が多いんですね。だから、自信がない。そこで、その人の魅力に気づいてもらうようなアプローチをしていきます。また、誰にでも、話し方や言い回しのクセなどがありますよね。レッスンを受けているうちに、そういったところにも自分で気づくようになり、改善できるようになっていくと思いますよ。
 教室では、受講生のみなさんが互いに切磋琢磨し、高め合っていくようなワークを行っています。だから、いつも微笑ましい、なごやかな雰囲気に包まれているところも、通いやすい魅力のひとつなんじゃないかな。
 また、アナウンサー必携のアイテム『アクセント辞典』の使い方についても指導します。日本語の仕組みや言葉づかい、敬語の使い方などについても学べるので、ここでレッスンを受ければ、『アクセント辞典』や「ことば」についてのプレゼンができるくらい、深い知識を得られると思います。「ことば」を自分の「強み」にすることで、話すことへの自信もつくはずですよ。

プロ志向の人だけでなく、さまざまな目的を持つ人が受講中。

●いろんな要素が詰まったレッスンを受けることで、相乗効果も期待できそうですね。では、どのような人が、受講していますか?

森田:プロのアナウンサーを目指す人はもちろん、いろいろな仕事や目的を持つ生徒さんが受講しています。たとえば、介護現場に関わる人や公務員、ボランティア活動に携わっている人、営業職など、コミュニケーション能力を高めて仕事に活用したい人。それから、教師、企業のリーダーや管理職、経営者・後継者など、人を導く立場にいる人や人前で話す機会のある人。さらに、今の自分を変えたい人やランクアップしたい人、転職・就職を目指す人、コミュニケーションに悩みを抱えている人もいらっしゃいます。

 

受講生のみなさんは、アナウンスの技術やコーチングにより、自分の魅力や資質を高めて、それぞれの目標を達成していらっしゃいます。岡山県内だけでなく、広島や山陰、四国などの遠方から受講している生徒さんもいらっしゃいますよ。

相手の気持ちに寄りそって「聞く」

●「アナウンス教室」で、「コミュニケーション力」を高めるレッスンを行うのは、なぜですか?

森田:私は、「アナウンサー」という仕事を通して、たくさんの人と関わり、コミュニケーション不足による大失敗を経験しました(笑)。その失敗のおかげで、相手とのラポール(信頼関係)を築くには、「コミュニケーション力(聞くチカラ)」を高めることが必要なことに気づいたんです。相手の思いに寄りそいながら聞くことで、相手と理解し合えるようになり、自分が話すときにも、聞く人に対して心づかいができるようになるんです。とっさの質問に答えたり、予想外のことに対応したり、そういった応用力やアドリブ性も、「心」を養うことで磨かれると、私は信じています。もちろん、初対面の相手や苦手な相手にも、自分の思いをきちんと伝えられるようになっていきますよ。やさしく、適切に、愛をもって伝える。そういった実践を積み重ねることで、日常の生活や仕事、人間関係が円滑になっていくという、すてきな変化が起こると思いますよ。
「コミュニケーションに自信がない」と、多くの人がおっしゃいます。でも、実は、ちゃんと「聞くこと」ができると、話すことができるんですよ。だから、徹底的に聞くことの大切さを、まず知っていただきたい。その上で、自分以外の誰かに「伝える技術」をいっしょに養っていきましょう。当教室ではフリートークなどを通じて、「聞き方」から習得していくので、着実に、コミュニケーションが変わる、手ごたえを実感していただけると思います。聞いたことを、自分だけがわかっている状態では、伝わらないんです。誰かに伝えることで、初めて「自分は何を分かっていて、何を分かっていないのか」を確認することができます。そうやって、少しずつ「コミュニケーション力」を高めていきましょう!

自分を変えるために、個人面談で目的を明確にする。

●では、レッスンを受けてみたいなと思ったら、どうすればよいのでしょうか?レッスンの見学は、できるのでしょうか?

森田:まず、電話かメールでお問い合わせいただきましたら、お申込み前に、約30分程度の個人面談を行います。当教室は、受講中の生徒さんのレッスンを第一に考え、レッスンの見学を一切受け付けていません。見学者がいらっしゃると、生徒さんがレッスンに集中できなくなるからです。見学のかわりに、個人面談を丁寧に行います。「受講するか、しないか」は、面談を受けた後に決めていただきます。
 面談では、あなたが「何を目指しているのか、何を得たいのか」について、じっくり話を聞かせていただきます。「何となくやってみたい」など、動機がはっきりしていなくても、話しているうちに、ご自身の目標に気づいていただけると思います。このように面談を重要視しているのは、受講生のみなさんに「自ら気づいて何かを得て欲しい」と思うから…。みなさんの目標達成をサポートするために「何が必要か」を明確にするための面談なのです。たとえば、「人間関係やコミュニケーションが、しんどい」とお悩みならば、解決の糸口をいっしょに見つけるお手伝いをしたいと思います。
 なお、当教室では、基礎からじっくり身に付けていただくので、「すぐに仕事が欲しい」、「華やかな場所で今すぐ活躍したい」という方には、その目的に合ったスクールなどをご案内しています。まずは、お気軽にご相談ください。

自分で考え、自分で試行錯誤しながら、実践的な能力を確実に身につける。

●アナウンス技術だけでなく、「聞くチカラ」や「心」をはぐくみ、コミュニケーション力を高めて、目標の達成を支援していく。とても、愛情豊かで、深い内容のレッスンなんですね。そんな森田さんには、「人生の師匠」ともいうべき、とても尊敬している先生がいらっしゃるそうですね。

森田:はい。故・河田玲右子先生です。アナウンス技術はもちろん、人としてのあり方を教えてくださった上に、つねに私を支え、導いてくださいました。スタジオも、機材も、何もない教室でしたけれど、密度の濃いレッスンで多数のプロ・アナウンサーを育成した、すばらしい先生です。
 当教室にも、スタジオや機材はありません。課題をクリアするために、どうすればよいのかについても、自分で考えていただきます。それは、他力本願だけでは成長できないと、私自身が痛感しているからです。自分で気づき、自分で編み出すチカラを身につけることで自信が持てるようになり、発信できるようになるんじゃないかな。みなさんも、ぜひ、新しい世界への扉を開いていきましょう!

取材を終えての感想

「おかやまアナウンス・ラボ」では、首都圏や関西のアナウンス教室に匹敵するほど、レベルの高いレッスンに加えて、ビジネス・セミナーのおもなコンテンツのほとんどを受けることができます。社会人としての常識を身に付けた、ワンランク上のプロを目指す人には最適なレッスンだと思います。その上、自分の魅力や可能性に「気づく」ことにより、講師のサポートを受けながら正しい努力をしていけば、確実に成長できるプログラムだと思います。

さらに、代表の森田恵子さんは、いつでも、どんなときでも、受講生のことを第一に想い、指導にあたられています。プロ・アナウンサーとしての実績や技術に甘んじることなく、自身のさらなるランクアップを目指し、コーチングやビジネス全般、キャリア・カウンセリング、経営・後継者支援プログラムなど、さまざまな分野の勉強を継続し、学んだ知識やスキルを、受講生の目的達成のために役立てています。着物や和文化への関心も高く、フォーマルなシーンにおけるマナーや美しい所作も完璧です。その一方で、気さくで親しみやすく、茶目っ気もたっぷり。そんな、人間的な魅力あふれる森田さんが主宰する「おかやまアナウンス・ラボ」で学ぶことで、アナウンス技術の飛躍的向上が望めるだけでなく、人生において、あらゆる面でプラスの影響を受けられるはず。そのことにより、自分の人生の幅を広げ、いろんな魅力や可能性を開花させることができるだろうと確信しました。

(インタビュー・記事/フリーライター 石津圭子)